宮城のニュース

<東北大>研究継承の喜び胸に 4904人が入学式

新入生を代表し決意を述べる川原さん

 東北大の入学式が4日、仙台市太白区の市体育館であった。10学部と大学院合わせて4904人の新入生が、期待を胸に学生生活の一歩を踏み出した。
 1日に就任した大野英男総長は「挑戦する心をエンジンとして、生き生きと自らの能力を伸ばし、皆さんが世界に向けて大きく飛躍することを期待する」と激励した。
 新入生を代表し、教育学部の川原美希さん(18)=北上市出身=が「東日本大震災が残した傷の深さを実感し、多くの人々の心を支える人間になることが目標。偉大な先輩の志、研究を継承する喜びと責任感を胸にまい進する」と誓った。
 薬学部に入学した梅津太一さん(18)=北海道出身=は「高校3年間勉強を頑張り、やっとこの日を迎えられた。夢見た通りの大学生活を送りたい」と抱負を語った。
 講義は9日に各キャンパスで始まる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月05日木曜日


先頭に戻る