宮城のニュース

白石城にも花見客の波 幻想的な夜桜のライトアップも

花見客でにぎわう白石城周辺。春の日差しを浴び、三階櫓(やぐら)の白壁に桜の淡いピンク色が映えた=4日午前

 宮城県南の桜の名所の一つ、白石城がある白石市の益岡公園の桜がほぼ満開となった。ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラなど約300本の桜が植えられた園内は4日、大勢の花見客でにぎわった。
 白石城管理事務所によると、ソメイヨシノは昨年より9日早い3月28日に開花し、記録のある過去15年で最も早かった。
 同園は25日まで「白石城桜まつり」を開催中。今年は時間の経過で色が変化する発光ダイオード(LED)による城のライトアップがあり、午後6時半ごろから午後11時まで幻想的な夜桜が楽しめる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月05日木曜日


先頭に戻る