宮城のニュース

雪解けお目覚めミズバショウ 宮城・加美の荒沢湿原で間もなく見頃

荒沢湿原で咲き始めたミズバショウ=4日午前

 宮城県加美町小野田地区の荒沢湿原で、ミズバショウが間もなく見頃を迎える。荒沢自然館によると現在は五分咲きで、1週間ほどで最盛期になるという。
 3月下旬、黄色い花を包んだ純白の苞(ほう)が開き、雪解け水からかれんな姿を見せ始めた。湿原に整備された木道の一部は雪で覆われているが、訪れた人たちはハンノキ林の根元に現れた“森の妖精”との対面を楽しんでいる。
 薬莱山と船形山の間の一帯は、大小の湖沼や湿地が広がる県内有数のミズバショウの群生地。約10ヘクタールに約5万株が自生すると言われる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月05日木曜日


先頭に戻る