宮城のニュース

<二十四節気・清明>カタクリも笑顔爽やか 仙台で暦通りの青空広がる

日差しを浴び、愛らしい花を咲かせるカタクリ=5日午前10時45分、仙台市太白区の市野草園

 5日は二十四節気の「清明」。草木が花を咲かせ、すがすがしく感じられる時季とされる。宮城県内は高気圧に覆われ、朝から暦通りの爽やかな青空が広がった。
 仙台管区気象台によると、朝の最低気温は平年より0.5度高い4.7度。その後気温は上昇し、正午現在で12.0度に達した。
 仙台市太白区の市野草園では、カタクリの花が見頃を迎えている。担当者によると、開花が例年よりも1週間から10日早く、3月26日ごろ満開になった。花は今月14日ごろまで楽しめるという。
 管区気象台によると、6日の県内は低気圧の影響で曇り、朝晩は雨になる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月05日木曜日


先頭に戻る