宮城のニュース

<タリウム事件>元名大生側が上告 責任能力認めた判決不服

 名古屋市で高齢女性を殺害し、高校時代にも同級生に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた名古屋大の元女子学生(22)=仙台市出身=の弁護団は5日、無期懲役とした一審名古屋地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した名古屋高裁判決を不服として、最高裁に上告した。
 弁護側は「重篤な精神障害だった」と無罪を主張したが、名古屋高裁は先月23日、「冷静に状況判断しており、障害の影響は限定的」として一審同様、全ての起訴内容について完全責任能力を認めた。
 判決によると、元女子学生は2014年12月、名古屋市の自宅アパートで知人の森外茂子さん=当時(77)=を殺害。12年5〜7月には仙台市内で中学と高校の同級生男女2人に飲み物に混ぜた硫酸タリウムを飲ませ、殺害しようとするなどした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月06日金曜日


先頭に戻る