宮城のニュース

宮城・角田初のPR大使 「恩返し」歌手ら3人決意

PR大使に任命された(左から)ニーヤさん、カーヤさん、ルーカスさん

 宮城県角田市は2日、市の魅力を発信してもらうPR大使に、市出身のベーシストNi〜ya(ニーヤ)さん(36)=東京都=、市在住のシンガー・ソングライター「Carya(カーヤ)」さん(20)、元角田高外国語指導助手(ALT)の歌手ジョン・ルーカスさん(38)=仙台市=の3人を任命した。任期は4月1日から2年。市制60年の節目に初めて任命した。
 ニーヤさんは若者に人気のビジュアル系ロックバンド「ナイトメア」(活動休止中)のメンバー。カーヤさんは角田高卒でミニアルバム2枚を発表し、東北各地でライブを開く。ルーカスさんは2000年に来日した出発点が角田高勤務で、今年1月に角田で凱旋公演を行った。
 3人は市役所で、大友喜助市長から委嘱を受けた。ニーヤさんは「生まれ育った角田を全国に広める」、カーヤさんは「食や自然など角田の魅力を発信したい」、ルーカスさんは「温かい角田の人に恩返しできれば」とそれぞれ話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月06日金曜日


先頭に戻る