宮城のニュース

155人決意の第一歩 宮城県警察学校で入校式

辞令交付に臨む須藤巡査

 宮城県警察学校の入校式が5日、名取市の同校体育館であり、警察官136人と一般職員19人の計155人が警察職員としての一歩を踏み出した。
 沼田光二校長は式辞で「警察組織の一員としての自覚を持ち、若者らしく何事にもはつらつと取り組んでほしい」と激励。入校生は全員で声を合わせ「良心のみに従い、公平公正に職務に当たる」と誓った。
 代表で辞令を受け取った須藤大貴巡査(22)は「警察の役割を学校で学び、県民から信頼される強くて明るい警察官になりたい」と決意を語った。
 入校した警察官のうち、短期課程(大卒)は6カ月間、長期課程(大卒以外)は10カ月間、寮生活を送りながら法律や武術を学び、県内各署に配属される。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月06日金曜日


先頭に戻る