宮城のニュース

コート再び 仙台ひんやり 朝の最低気温4.5度、正午も10度に届かず

厚着して行き交う人たち=6日午前10時20分ごろ、仙台市青葉区の東二番丁通

 宮城県内は6日、低気圧の接近に伴い、朝から雨や曇りとなった。仙台管区気象台によると、仙台の朝の最低気温は4.5度。正午になっても9.1度までしか上がらなかった。
 県内の朝の最低気温は、塩釜3.0度、大崎市古川3.2度、石巻4.0度、白石5.7度など。3日までの5月下旬の陽気からほぼ平年並みに戻った。
 仙台市中心部では、コート姿の人たちが寒そうに歩いていた。
 仙台管区気象台によると、7日の県内は曇りで、明け方まで雨の見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月06日金曜日


先頭に戻る