宮城のニュース

<青葉まつり>山鉾引こう!すずめ踊ろう! 協賛会、参加者募集

 仙台・青葉まつり協賛会は、5月19、20日に仙台市中心部で開かれる第34回仙台・青葉まつりの参加者を募集している。協賛会は「山鉾(やまぼこ)の引き手や、子ども向けすずめ踊りの踊り手としてまつりを楽しみ、盛り上げてほしい」とPRする。

 19日の宵まつりに登場する仙台宵山鉾の引き手は中学生以上の男女計100人を募集する。ちょうちんをともした山鉾と定禅寺通を巡行し、東日本大震災の犠牲者の鎮魂を願う。同日の「すずめっ子1000人祭連(まづら)」は小学生以下の個人・団体と保護者が対象で、初心者や小人数でも参加できる。ともに無料。
 20日の本まつりで巡行する中学生以上の武者行列では43人が甲冑(かっちゅう)武者、槍(やり)隊や弓隊の武士に扮(ふん)する。子ども武者は小学1〜6年の男女計20人が、かぶとや袴などを着ける。ともに参加費が必要。一番町や定禅寺通を勇ましく練り歩く。
 所定の申込用紙に必要事項を記し、ファクスや郵送で申し込む。20日まで。連絡先は協賛会事務局022(223)8441。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年04月07日土曜日


先頭に戻る