福島のニュース

<三春滝桜>はや満開 きょうからライトアップ

ほぼ満開となり、青空に映える三春滝桜
ほぼ満開を迎えた三春滝桜

 日本三大桜の一つとされる福島県三春町の国指定天然記念物「三春滝桜」が5日、ほぼ満開を迎えた。町によると開花は2日で、1982年に記録を取り始めてから最も早かった。
 滝桜は樹齢1000年を超えるベニシダレザクラで根回り11メートル、高さ13メートル。枝は幅25メートルに広がり、大勢の観光客がさまざまな角度から観賞している。
 初めて訪れたという同県北塩原村の会社員横山菜々実さん(20)は「とてもきれい。青空と桜のピンクのコントラストが素晴らしい」と感激した。
 ライトアップは6日から葉桜になるまで。午後6〜9時で、入場は午後8時半まで。


関連ページ: 福島 社会

2018年04月06日金曜日


先頭に戻る