宮城のニュース

<ユリカモメに矢>70代男聴取へ、鳥獣保護法違反の疑い

頭に矢のような物が刺さったユリカモメ=4日午前、石巻市

 宮城県石巻市中里7丁目の北上運河で頭に矢のような物が刺さったユリカモメが見つかった事件で、市内に住む70代の男が関与した疑いが強まったとして、石巻署が鳥獣保護法違反の疑いで、男から事情を聴く方針を固めたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。
 宮城県などによると、3月29日、県東部地方振興事務所(石巻市)の職員が、頭部左側に紙で作ったとみられる長さ約10センチの矢のような物が刺さったユリカモメを確認した。
 同署は何者かが矢を放った可能性があるとみて捜査していた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月07日土曜日


先頭に戻る