宮城のニュース

<ベガルタ>昨年4月7失点 屈辱晴らす 守備陣、進化見せつける

仙台ユースとの実戦練習で相手の突破を警戒する大岩(中)と平岡(奥)

 昨年4月、クラブワーストの7失点と辛酸をなめた埼玉スタジアム。今季、リーグ戦5試合2失点の守備陣が雪辱に燃える。個の力が高い相手の攻撃を封じ、進化を見せつける。
 6日のミニゲームは4日のYBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)FC東京戦で効果を発揮した「3−5−2」を採用した。アンカーに入った富田が素早く体を寄せて相手の攻撃の芽を摘む。渡辺監督が守備の鍵に挙げる球際の強さを体現。「浦和のボランチにプレッシャーをかける」と富田。ボールの出どころを抑えるイメージはできている。
 昨季は浦和の興梠にハットトリックを許した。体の強さやDFの裏へ抜け出す瞬発力に加え、周囲との連係も精度が高い。平岡は「(興梠)慎三の動き出しを止める。昨季の借りを返す」、大岩も「Jリーグで一番の選手だと思っている。まずは個で負けないことが大事」と気合十分だ。
 今季の浦和は混迷を極めているとはいえ、新旧の日本代表をそろえ、昨季のアジア・チャンピオンズリーグを制したビッグクラブであることに変わりはない。
 「(大敗からの)成長をぶつける絶好の場」と渡辺監督。浦和戦の後も名古屋、川崎と難敵が控える。大岩は「攻撃力の高いチームとの3連戦で、守備が本物かどうかが試される」と気持ちを高めていた。(佐藤夏樹)


2018年04月07日土曜日


先頭に戻る