福島のニュース

学びやに笑顔戻る 富岡の小中学校が7年ぶりに再開

7年ぶりに再開した学校で、住民らが子どもたちを出迎えた=6日午前11時5分ごろ、福島県富岡町

 子どもたちの笑顔が7年ぶりに戻ってきた。東京電力福島第1原発事故で被災した福島県富岡町で6日、小中学校が再開した。
 計4校の合同の学びやとなる富岡一中では、住民ら約500人が「おめでとう」と拍手で子どもたちを出迎えた。無職山崎けい子さん(83)は「子どもの声が聞こえると、町が明るくなる」と喜んだ。
 富岡町の避難指示は昨春、帰還困難区域を除いて解除された。小中学校は原発事故後、同県三春町の仮設校舎で授業を続けてきた。本年度は富岡、三春の2カ所で計39人が学ぶ。


2018年04月07日土曜日


先頭に戻る