宮城のニュース

<宮城・山元町長選>10日告示 無投票の公算大

 任期満了に伴う宮城県山元町長選は10日告示される。これまでに立候補を表明したのは無所属で3選を目指す現職の斎藤俊夫氏(69)のみ。現町政を批判するグループによる対立候補擁立が難航し、15年ぶりに無投票となる公算が大きい。
 斎藤氏は、東日本大震災被災者の集団移転先として内陸部に三つの新市街地を整備した実績を訴え、町政の継続をアピールする。
 「子育てするなら山元町」をスローガンに掲げ県内最高水準の定住支援策の延長やシルバー層を活用した保育支援などを公約に挙げる。交流人口の拡大、企業誘致や農業再生による雇用の場の確保なども目指す。
 選挙戦となった場合、投票は15日に行われ、即日開票される。3月1日現在の有権者数は1万931人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年04月08日日曜日


先頭に戻る