宮城のニュース

<楽天>連勝ならず ソフトバンクに九回勝ち越され4−3で敗れる

東北楽天―ソフトバンク 9回、1死二、三塁のピンチでマウンドの松井(左から2人目)の元に集まる東北楽天ナイン=楽天生命パーク宮城

 東北楽天は九回に勝ち越され、2連勝はならなかった。3−3のこの回、3番手松井が2四球などで1死二、三塁とされ、上林に決勝打を浴びた。先発美馬は7回3失点。一、二回に失点した後は立ち直り、追加点を許さなかった。
 打線は0−3の四回、今江の左越え3ランで追い付いたが、五回以降は1安打無得点に抑えられた。
 ソフトバンクは連敗を3で止めた。4番手モイネロが今季初勝利。5番手サファテが九回を締めた。

 東北楽天−ソフトバンク2回戦(1勝1敗、14時、楽天生命パーク宮城、22,857人)
ソフトバンク120000001=4
東北楽天  000300000=3
(勝)モイネロ3試合1勝
(S)サファテ2試合2S
(敗)松井4試合2敗
(本)本多1号(1)(美馬)=1回、今江1号(3)(武田)=4回

☆イヌワシろっかーるーむ

<足立祐一捕手(今季初先発出場で投手陣をリード)>
 「(先発美馬は)調子が悪いわけではなかった。(失点した)一、二回はリードが慎重になり過ぎた」


2018年04月08日日曜日


先頭に戻る