山形のニュース

<NHK元記者強姦致傷>現場のDNA型が争点 10日初公判、弁護側は無罪主張へ

 山形、山梨両県で女性3人を乱暴したとして、強姦(ごうかん)致傷罪などに問われたNHK山形放送局の元記者弦本(つるもと)康孝被告(29)=懲戒免職=の裁判員裁判が10日、山形地裁で始まる。被告は一貫して「身に覚えがない」と否認しており、弁護側は起訴された3件全てで無罪を主張する方針。
 被告は山形放送局の記者だった2016年2月23日、山形市内の女性宅に侵入して性的暴行を加え、約2週間のけがをさせたとして起訴されたほか、甲府放送局に勤務していた13年12月と14年10月にも山梨県内の女性宅に侵入し乱暴するなどしたとして、計3回起訴された。
 公判は、3件の事件現場で採取された遺留物のDNA型が被告と一致したとする鑑定結果の信用性が主な争点。検察側と弁護側は鑑定の手法や結果の解釈を巡り、鑑定を担当した科学捜査研究所職員や大学教員ら計20〜30人の専門家を証人尋問する方針。被害を受けたとされる女性3人も出廷するとみられる。
 起訴状などによると、被害者はいずれも1人暮らしの20代女性。被告は早朝、就寝中の女性の口にクロロホルムを染み込ませた紙タオルを押し当てたり、馬乗りになって口を手でふさいだりして脅したとされる。
 捜査関係者によると、被告は山梨県の被害者の1人が所属する団体を事件前に取材したとみられ、取材活動で知った女性を尾行するなどして自宅を割り出した可能性があるという。
 初公判から7回の審理を経て18日に結審、判決は25日に言い渡される見通し。


関連ページ: 山形 社会

2018年04月08日日曜日


先頭に戻る