福島のニュース

復興願い夜の森に桜浮かぶ 15日までライトアップ

幻想的に浮かび上がる桜並木

 福島県富岡町の夜の森地区で、桜並木がライトアップされている。既に満開を迎えており、町民らが東京電力福島第1原発事故からの復興を願ってカメラに収めるなどしている。
 ライトアップ区間は並木2.2キロのうち、原発事故に伴う帰還困難区域に含まれない約300メートル。約150本のソメイヨシノが幻想的に浮かび上がる。
 いわき市の小学校教諭遠藤隆宏さん(55)は「昼とは違った風情がある。見事な桜のトンネル。花のピンク色も濃い」と話した。
 町内の避難指示は昨春、帰還困難区域を除き解除された。ライトアップは午後6〜8時で15日まで。14、15日は桜まつりがある。


関連ページ: 福島 社会

2018年04月08日日曜日


先頭に戻る