宮城のニュース

全国から駅弁100種 花見弁当を中心に7種類が仙台駅初登場

季節限定など100種類の弁当が並んだ駅弁まつり

 全国の駅弁100種類を販売する「駅弁まつり」が9日、JR仙台駅2階コンコースで始まった。15日まで。
 米沢駅の「東北桜めぐり弁当」(1250円)や、新神戸駅の「あっちっち春のすきやき御飯(ごはん)」(1080円)など、花見弁当を中心に7種類が仙台駅初登場。たけのこご飯といった季節感ある弁当が並んだ。
 仙台市青葉区の鈴木保子さん(83)は「一ノ関駅の『季節の弁当(春)』を2個買った。友人の家で一緒に食べ、春の気分を味わいたい」と話した。
 JR東日本グループの日本レストランエンタプライズ仙台支店が、10日の「駅弁の日」に合わせて開催。時間は午前10時〜午後7時。売り切れ次第終了する。


関連ページ: 宮城 経済

2018年04月10日火曜日


先頭に戻る