宮城のニュース

新生気仙沼高、新たな歴史へ 西高統合後初の入学式

誓いの言葉を述べる西條さん

 気仙沼市の気仙沼西高を統合した気仙沼高で9日、初めての入学式があった。
 新入生は普通科と定時制計249人。小山淳校長が「先輩が築いてきた歴史の上に、新たな伝統を創造する者としての決意を持ち、充実した高校生活を築いてほしい」と式辞を述べた。
 新入生を代表し西條秀都さんが「真っすぐな心と熱いまなざしで、自分自身と気仙沼高の未来への歩みを着実に進めていきます」と誓いの言葉を述べた。
 気仙沼高は2005年に鼎が浦高と統合して男女共学となった。少子化の影響で新たに気仙沼西高と統合した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月10日火曜日


先頭に戻る