宮城のニュース

<WIT2018宮城>女性の活躍目指し、10月に仙台で全国フォーラム

ミヤギノハギをあしらったフォーラムのロゴマーク

 県は9日、男女共同参画社会の実現に向け、女性活躍の推進や働き方改革について話し合う全国フォーラム「WIT(ウィット)2018宮城」を10月23、24の両日、仙台国際センター(仙台市青葉区)で開くと発表した。
 2016年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で、女性の社会進出の促進などをうたった首脳宣言が採択されたのを受け、16年9月に三重県で初めて開催され、今回で3回目。
 2日間で約800人の参加を見込む。全体会議では県内外の企業が職場での女性登用やワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取り組みを紹介。テーマごとの分科会も開く。女性の活躍を加速させる共同宣言を採択する予定。
 村井嘉浩知事は9日の定例記者会見で、フォーラムのロゴマークを公表。「魅力ある働き方や女性の活躍を進める動きを宮城から起こしたい」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月10日火曜日


先頭に戻る