宮城のニュース

石巻専修大と高校生がまちづくり情報館案内チラシ作成

3施設それぞれの魅力を紹介する案内チラシ

 石巻専修大(石巻市)の学生と市内4校の高校生が協力し、東日本大震災からの歩みを伝える市復興まちづくり情報交流館の案内チラシを作った。牡鹿、雄勝、北上の3施設分をそれぞれデザインし、3月下旬から各施設で配っている。
 チラシはA4判二つ折りのカラー4ページで、各施設紹介のほか、神社や公園、仮設商店街など各地の観光情報を写真付きで説明し、日本語と英語を併記した。4校は石巻高と石巻北高、石巻桜坂高、石巻好文館高。
 交流館は市中心部の中央館を含め市内に計4施設ある。中央館以外はパンフレットがなかったため、昨年7月に作業を始めた。現地を歩いて地域の魅力や復興の状況を学び、ワークショップで盛り込む内容を話し合った。
 チラシは市のホームページからもダウンロードできる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月11日水曜日


先頭に戻る