宮城のニュース

5校統合の新生・岩出山小 元気よく入学式

名前を呼ばれ、元気よく返事する児童

 大崎市岩出山地区の5小学校(岩出山、西大崎、上野目、池月、真山)が統合した岩出山小(児童413人)で10日、初めての入学式があり、新入生55人が学校生活のスタートを切った。
 保護者、住民ら約250人が出席。大場良行校長は式辞で「これから過ごす6年間は、そのまま新生・岩出山小の歴史になる。元気よくあいさつし、にっこり笑顔で小学校生活を送ってください」と激励した。
 担任が一人一人の名前を読み上げると、児童は「はい」と元気に答えた。真山地区からスクールバスで通う予定の大場樹君(6)は「(同級生と)仲良くできそう。足し算の勉強を頑張りたい」と話した。
 全校児童が出席する開校式は28日に行われる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月11日水曜日


先頭に戻る