宮城のニュース

<ベガルタ>関口、6季ぶり仙台復帰

仙台に復帰が決まった関口

 J1仙台は10日、元仙台で昨季までC大阪でプレーしたMF関口訓充(32)=171センチ、66キロ=を獲得したと発表した。6季ぶりの復帰で、背番号は40に決まった。関口は同日、仙台市内のクラブハウスで記者会見し、「体が動けるうちに、このチームに貢献したかった」と意気込みを語った。
 ユニホーム姿で会見に臨んだ関口は「少しずつこのユニホームが似合う選手になれるように頑張る」と抱負を述べた。8日にオファーを受け、先に誘いを受けた他のJ1クラブを断って移籍を決意したという。
 「どの相手でも五分五分のボール保持ができ、上位ともひけを取っていない。1点差の試合を制することで優勝できると思う」と仙台の印象を話す。その上で「自分の経験をチームに還元したい」とけん引役を担う覚悟を示した。
 関口は東京都出身。東京・帝京高から2004年、仙台に加入し、12年まで9季プレー。ドリブラーとして09年のJ1昇格や12年のリーグ戦2位と初のアジア・チャンピオンズリーグ出場に貢献し、10、11年には日本代表に選ばれた。13、14年は浦和、15年からC大阪に在籍したが昨季限りで契約が満了となり、移籍先を探していた。
 渡辺晋監督は「チームにけが人が増えたので、力になってほしい思いで獲得した」と話した。


2018年04月11日水曜日


先頭に戻る