宮城のニュース

<楽天>ペゲーロ快弾チームに勢い 勝利呼ぶ

3回、2ランを放ち生還する東北楽天・ペゲーロ(右)。捕手伏見

 東北楽天のペゲーロが1−0の三回、右中間スタンド上段に大きな弧を描いて飛び込む2ランを放ち、チームを勢いづけた。この球場で、昨季開幕戦に放った特大の決勝弾を思い出させる一発。梨田監督は「『去年の開幕戦にタイムスリップしたつもりで今日から戦おう』と試合前に選手に言ったばかりだった」と驚いた様子だった。
 三回2死二塁、カウント1−1から真ん中高めに来た速球をしっかりと捉えて、アーチを描いた。8日のソフトバンク戦、1点を追う九回2死満塁では同じような高めの速球に空振り三振した悔しさもあった。それだけにペゲーロは「集中して打てた」と笑顔で振り返り、平石ヘッドコーチも「よくしっかりと仕留めてくれた」と評価した。


2018年04月11日水曜日


先頭に戻る