岩手のニュース

不正アクセスの職員減給 岩手・八幡平

 岩手県八幡平市は10日、職員の人事・給与情報に不正にアクセスしたとして、20代の男性職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。処分は3月12日付。
 市によると、男性職員は1年ほど前から、業務パソコンと不正に入手した管理者用パスワードで人事情報を読み取り、職員のパスワード一覧を複製した。情報漏えいなどの被害は確認されていない。


関連ページ: 岩手 社会

2018年04月11日水曜日


先頭に戻る