宮城のニュース

大崎市民病院が患者データ紛失

 宮城県大崎市の大崎市民病院で、患者の個人情報が入った外付けハードディスク(HD)1台が紛失していたことが11日、分かった。市関係者によると、今のところ被害の情報は入っていないという。
 個人情報の種類や件数などについて同病院は「精査中」として12日に発表するとしている。
 同病院によると、HDは病院3階の臨床研修管理室に置かれ、研修医の学会や研修会で使用するために抽出したデータを保存していた。3月30日〜4月2日の間になくなったという。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月12日木曜日


先頭に戻る