宮城のニュース

法被姿の子ども元気に山車引く 柴田・久須志神社

にぎにぎしく地域を回った山車の行列

 柴田町槻木地区の久須志神社で8日、春の例大祭があった。家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を願って地元の子どもらが2台の山車を引き、にぎやかに地区を巡回した。
 地区住民約70人が法被姿で参加。のろしが上がった後、桜が見頃を迎えた神社の近くから出発した。「奉納 久須志神社」と書いた旗を持った子どもたちが山車の行列を先導した。
 沿道に集まった住民たちは子どもたちの姿を笑顔で見守った。行列が用意した箱にさい銭を入れる住民もいた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月13日金曜日


先頭に戻る