宮城のニュース

<女川原発>再稼働延期 石巻市長「時間かけて安全対策を」

 宮城県石巻市の亀山紘市長は12日の定例記者会見で、東北電力が女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働時期を2018年度後半以降から延期する方針を示したことについて、「安全対策が十分なされた上でないと(立地自治体として)再稼働の判断はできない。時間がかかっても、しっかりやってほしい」と述べた。
 日本原子力発電が東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働などで事前同意を得る範囲を全国で初めて立地自治体以外に広げたことに関し「(同意権の範囲は)県が判断すべきだ」との考えを示した。
 26日の大川小控訴審判決後の対応にも触れ、「今の時点で考えはない。判決内容を見た上で検討し、判断する」と話した。


2018年04月13日金曜日


先頭に戻る