宮城のニュース

<三神峯公園>桜そろそろ見納め でも散った姿も美しく ピンクのじゅうたん広がる

じゅうたんのように広がった桜の花びら=13日午前11時10分ごろ、仙台市太白区の三神峯公園

 宮城県内は13日、高気圧に覆われ、爽やかな陽気となった。桜はもうすぐ見納めになりそうで、仙台市太白区の三神峯公園では、散り始めた花びらが地面を淡いピンク色に染めていた。
 仙台管区気象台によると、桜は例年、満開から1週間程度で葉桜になる。仙台では4日に観測史上2番目の早さで満開となった後、気温が低く雨の少ない日が続いたため、今年は花が長持ちしているという。
 13日朝の最低気温は仙台8.9度、丸森8.2度、大崎市鹿島台7.2度、大衡6.4度など5月上旬並みだった。
 14日の県内は低気圧が日本海に進むため、曇りで夕方から雨の見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月13日金曜日


先頭に戻る