秋田のニュース

<インフルエンザ>秋田市の警察学校で集団感染 学生と教職員の計26人

 秋田県警は12日、秋田市の県警察学校に1日に入校した学生と教職員の計26人がインフルエンザに集団感染したと発表した。感染防止のため、本年度入校の全学生94人を15日まで自宅待機とした。
 県警教養課によると、8日に体調不良を訴えた学生2人が市内の病院でインフルエンザと診断された。12日正午までに他の学生22人と教職員2人がインフルエンザに感染した。学生は1日から学校敷地内の寮で集団生活しており、感染が広がったとみられる。
 同課は「原因を調べて再発防止を探るとともに、しっかりと体調管理に努めたい」と話している。


関連ページ: 秋田 社会

2018年04月13日金曜日


先頭に戻る