宮城のニュース

<楽天>今季初先発の渡辺直「つなぐことできた」

1回東北楽天無死一塁、渡辺直が左越えに先制の二塁打を放つ。捕手炭谷

 東北楽天の渡辺直が今季初の先発出場で存在感を示した。2016年からクライマックスシリーズを含め12連敗中の西武先発菊池(岩手・花巻東高出)から一回に先制の適時二塁打。「いい形で(打線を)つなぐことができてよかった。先発しても、そうでなくてもやることは変わらない」と冷静に話した。
 この打席、1球目の直球をファウルにして「感覚をつかんだ」という。2球目の真ん中に入った直球を思い切りたたき、天敵の出はなをくじいた。梨田監督は「チームが苦しい時にやってくれる。若い選手にとっては見習うところがいっぱいある」とベテランの仕事ぶりをたたえた。


2018年04月14日土曜日


先頭に戻る