岩手のニュース

バス運行途中で打ち切り 岩手県交通を処分

 岩手県交通(盛岡市)の路線バスが岩手県西和賀町内の運行を途中で打ち切っていた問題で、東北運輸局は13日、道路運送法に基づいて北上営業所のバス2台を25日間の使用停止処分とした。
 東北運輸局岩手運輸支局によると、2017年10月24日〜12月9日に計21回の運行打ち切りがあった。営業所の日報には全て終点まで運行していたように記載されていた。県交通によると、2台が使用できなくても通常運行に支障はないという。


関連ページ: 岩手 社会

2018年04月14日土曜日


先頭に戻る