宮城のニュース

<羽生結弦>ラバーバンドを21日発売 ユヅT店頭販売は当日まで断続的に

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=仙台市出身、宮城・東北高出=の祝賀パレードに合わせて企画された応援Tシャツのうち、通信販売分4万4000枚が15日完売した。今月4日から注文を受け付けていた。
 市や宮城県などでつくるパレードの実行委員会は、22日の本番に向けてTシャツ8万枚を用意する予定。残る3万6000枚については、11日に藤崎や仙台三越など計7カ所で店頭販売が始まっている。各店は納品状況に応じ、当日まで断続的に販売する。
 腕に着けるラバーバンドも21日に発売される。紫と水色の2種1組で価格は1000円。1万セットを用意する。取扱店は決まっていない。
 これらグッズの売り上げはパレード運営費に充てられる。市民らからの寄付が1500万円に達するなど、本番に向けた関心も高まりつつある。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月16日月曜日


先頭に戻る