宮城のニュース

<楽天>初先発の山下、3安打に充実感 守備では強気のリード

東北楽天―西武 6回西武2死三塁、代打メヒアを空振り三振に打ち取った先発池田とタッチする捕手山下=楽天生命パーク宮城

 1軍に昇格し今季初先発出場した東北楽天の山下が3安打と結果を残した。「まずは勝利できてうれしい。3安打はプロ初なので満足している」と充実感を漂わせた。
 開幕1軍を果たし、2戦目のロッテ戦に出場したが、3打数無安打に終わった。「引っ張ることが多かったので、できるだけ中堅に返すことを意識した」。2軍で再調整し打撃を見直した結果、中前打2本と右前打を放った。
 守備面では2年目の先発池田を強気にリード。梨田監督は「内角を攻めて速い球を生かした」と評価した上で、「七回に球速が落ちた直球を打たれたのは課題」と配球面での成長を期待した。


2018年04月16日月曜日


先頭に戻る