山形のニュース

<加茂水族館>ゴマフアザラシの赤ちゃん「来て見て名付けて」名前募集中

加茂水族館が名前を募集しているゴマフアザラシの赤ちゃん

 山形県鶴岡市の加茂水族館が、3月に生まれたばかりのゴマフアザラシの赤ちゃんの名前を募集している。5月6日までで、水族館に備え付けの応募用紙に記入し、専用箱に投函(とうかん)。名前は5月中旬に発表し、命名者にはプレゼントがある。
 ゴマフアザラシの赤ちゃんは3月21日に生まれた雄。4月上旬までに体重約23キロ、体長約75センチに成長した。徐々に白色の産毛が抜け、体の表面に白と黒の斑点が現れ始めている。水族館では岩場で母親のゆきに甘えたり、水槽の中を泳いだりする姿を観察できる。
 担当飼育員の伊藤愛さん(26)は「実際に見て、ピンときた名前を書いてほしい」と話している。


関連ページ: 山形 社会

2018年04月17日火曜日


先頭に戻る