宮城のニュース

<いちおし土産>みその風味 ふわっと

みその風味が香る「伊達揚げ」と野菜の入った「旨揚げ」

◎伊達揚げ/鐘崎(仙台市)

 主力商品の笹かまぼこに続き、揚げかまぼこでも仙台土産の定番入りを目指そうと、今月発売した。
 仙台で受け継がれてきたみその風味が、かむと口の中にふわっと広がる。タラ、イトヨリのすり身に練り込んだ地元産のみそが隠し味。仙台藩祖伊達政宗が仙台城内に設けたみそ醸造工場「御塩噌蔵(ごえんそぐら)」に由来する歴史あるみそだ。
 消費者の健康志向にも配慮。笹かまぼこと同様に、魚醤(ぎょしょう)など魚介由来の調味料を使用して素材のうま味を引き立てた。
 パッケージには政宗のかぶとの前立てをあしらった。企画開発部の渡辺志織さん(30)は「仙台を前面に押し出した一品」と力を込める。
 国産野菜を使った「旨揚げ」も新たに発売した。主なターゲットは働く女性。小松菜、カボチャ、ゴボウのシャキシャキ、ホクホクとした食感が楽しめる。

<メモ>伊達揚げは一枚172円。JR仙台駅の鐘崎直営店や土産売り場で販売する。旨揚げは野菜3種類が各130円、プレーン味の「さつま」が120円で、県内外の直営店とウェブサイトで販売。連絡先は鐘崎お客様相談室0120(535)161。


関連ページ: 宮城 経済

2018年04月19日木曜日


先頭に戻る