広域のニュース

<NHK元記者強姦致傷>懲役24年を求刑「卑劣な犯行」

 山形、山梨両県で20代の女性3人を乱暴したとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者弦本(つるもと)康孝被告(29)=懲戒免職=の裁判員裁判論告求刑公判が18日、山形地裁であり、検察側は懲役24年を求刑した。判決は25日。

 検察側は「1人暮らしの被害者を狙った卑劣な犯行。常習的で反省の態度がなく、再犯の恐れがある」と指摘。「遺留物のDNA型は被告と一致。鑑定結果に問題はない。犯行状況と類似するメモやパソコンに保存されていた被害者の写真は犯人であることを裏付ける」と述べた。
 弁護側は「DNA型鑑定の信用性に合理的な疑問があり、それ以外に十分な証拠はない」と強調。「メモと事件現場の状況に相違点がある上、事件時に撮影したとされる写真は被告が撮ったと証明されていない」と改めて無罪を主張した。
 被告は最終陳述で「犯人は私ではありません」と話した。
 起訴状によると、被告は山形放送局の記者だった16年2月23日、山形市内の女性宅に侵入して性的暴行を加えたほか、甲府放送局勤務の13年12月と14年10月にも山梨県内の女性宅に侵入して乱暴。うち2件で被害者にけがを負わせたとされる。


関連ページ: 広域 社会

2018年04月19日木曜日


先頭に戻る