宮城のニュース

<宮城市町村予算>柴田町 大型施設整備相次ぐ

 一般会計は118億2411万円。町営住宅の新築や放課後児童クラブの改修といったハード面の事業費を多く盛り込み、前年度当初と比べ4.6%増えた。
 大型施設の新設に関連した動きが相次ぐ。総合体育館の建設に向け基本設計を行い、来年1月ごろまでに着工の時期について議会の判断を仰ぐ。新しい図書館や学校給食センターの建設に関しては工程表の策定を検討する。
 子育て支援として、不登校の児童生徒の減少を目指す「子どもの心のケアハウス」を新設する。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、子どもがスポーツに親しむ機会をつくる。
 歳入は町税が0.2%減の42億2739万円、地方交付税は4.1%減の24億960万円。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年04月20日金曜日


先頭に戻る