宮城のニュース

<宮城市町村予算>川崎町 移住と起業支援拡充

 一般会計は前年度当初比6.1%減の49億3000万円。移住と起業の促進、観光振興に力を入れる。
 移住者と起業者を支援する拠点施設「スプリング」の機能を充実させるため、地域おこし協力隊を2人増の4人にする。空き家の所有者と交渉し、提供できる物件の情報も増やす。
 セントメリースキー場は通年多機能型観光スポットとして新たにPRする。プラスチック製のマットをゲレンデの一部に敷く工事を進めており、9月から利用を始める予定。リフトも修繕し、使いやすくする。
 シルバー人材センターの設立に向け、臨時職員を2人増やして準備する。
 主な歳入は地方交付税が1.9%増の22億円、町税は3.1%増の9億1647万円をそれぞれ見込む。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年04月20日金曜日


先頭に戻る