宮城のニュース

<七十七銀>仙台・芭蕉の辻支店6月末に閉店

 七十七銀行は、仙台市青葉区の芭蕉の辻支店の店舗営業を6月29日で終了する。入居するビルが建て替え工事を行うため。7月2日から同区の本店で業務を引き継ぐ。
 本店内に支店の名を残した「店舗内店舗」とするため、取引口座はそのまま利用できる。工事後の再移転は行わない方向で、現在の支店の場所周辺に現金自動預払機(ATM)を新設するという。
 同行では東日本大震災で被災した宮城県内沿岸部の支店を店舗内店舗としている例があり、現在は石巻支店内の湊支店(石巻市)と杜せきのした支店内の閖上支店(名取市)が残る。2店の再建計画は未定。


関連ページ: 宮城 経済

2018年04月20日金曜日


先頭に戻る