岩手のニュース

ソーセージで野菜嫌い克服 「菜コロソーセージ」を発売

アークが発売した菜コロソーセージ

 館ケ森アーク牧場を経営するアーク(岩手県一関市)は、野菜を練り込んだ「菜(さい)コロソーセージ」を発売した。牧場内にあるファームマーケットの佐藤浩文店長は「野菜が苦手な子どもの食生活改善に役立ててほしい」と話す。
 保存料や結着剤、うま味調味料を使用せず「館ケ森高原豚」にカボチャ、パプリカ、ホウレンソウのパウダーを練り込んだ。一口サイズの皮なしソーセージで、85グラム入り378円。
 社外から調達している野菜は順次、自社栽培に切り替えていく。
 この他、添加物なしのレトルト「焼きハンバーグカレー」(690円)、自社栽培小麦を使った「カレールーフレーク」(485円)も発売した。
 連絡先はアーク0191(63)5100。


関連ページ: 岩手 経済

2018年04月20日金曜日


先頭に戻る