宮城のニュース

<宮城市町村予算>亘理町 公共ゾーン整備加速

 一般会計は総額185億3100万円。5月の町長選を控えた骨格予算だが、前年度当初比7.4%増。被災した町役場が新築移転する公共ゾーンの整備本格化などに伴い、東日本大震災前(2010年度)の約2.1倍の規模となった。
 公共ゾーン関連予算は、3月に着工した新庁舎建設に17億1530万円、庁舎に併設する保健福祉センター建設に5億6380万円、ゾーン周辺の道路整備に1億6690万円など。歳出のうち震災関連は70億8458万円で、予算総額の38.2%だった。
 歳入は地方交付税が14.1%増の47億1590万円。町税が0.4%増の34億5188万円。本年度末の町債残高は前年度末比0.5%減の101億1688万円の見通し。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年04月21日土曜日


先頭に戻る