宮城のニュース

<宮城市町村予算>松島町 懸案の駅改修を推進

 一般会計は前年度当初比1.0%減の94億3200万円。特別会計を含めた総額は3.7%増の159億8222万円となった。
 老朽化したJR仙石線松島海岸駅のバリアフリー化に向け、JRに対する設計費補助金を計上した。駅改修は町にとって長年の懸案で、JRや県と連携して事業を進める。
 水族館跡地に整備される民設民営の施設に対しては新たな観光拠点と期待し、法規制などへの対応を支援。観瀾(かんらん)亭松島博物館の改修工事に着手する。
 震災関連は46事業のうち23事業が終了した。避難道路や下水道の整備に引き続き力を入れる。
 歳入は町税が0.4%減の16億1741万円、地方交付税が2.7%増の29億5515万円。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年04月22日日曜日


先頭に戻る