宮城のニュース

<羽生結弦パレード>拍手と歓声 10万8000人が熱視線

詰め掛けた観衆に手を振って、声援に応える羽生選手=22日午後1時40分ごろ、仙台市青葉区一番町3丁目(写真部・川村公俊撮影)

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2大会連続金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=ANA、仙台市出身、宮城・東北高出=が22日、仙台市青葉区の東二番丁通で祝賀パレードに臨んだ。五輪直前のけがを乗り越え66年ぶりの連覇という偉業を成し遂げた絶対王者の凱旋(がいせん)を、多くの市民らが歓声や拍手で出迎えた。
 午後1時半すぎに南町通交差点をスタート。1.1キロ北の市役所前を目指した。装飾した大型トラックのパレードカーに乗った羽生選手は、笑顔で手を振ったり首に掛けた金メダルを掲げたりして、ファンや市民と喜びを分かち合った。
 沿道には10万8000人(主催者発表)が、宮城県内のほか、全国各地、海外から詰め掛け、杜の都は歓喜に包まれた。「2連覇おめでとう」「感動をありがとう」と声援が送られた。平昌五輪のフリープログラム「SEIMEI」の決めポーズをすると、ひときわ大きい歓声が湧いた。
 羽生選手はパレード後の記者会見で「仙台に帰ってきたという気持ちになった。改めて金メダルの重みを感じた」と晴れやかに語った。
 パレードは市や宮城県、県スケート連盟による実行委員会が主催した。


2018年04月23日月曜日


先頭に戻る