宮城のニュース

<汚染廃焼却>反対市民団体が集会 仙台

汚染廃棄物の焼却処分反対を訴え、デモ行進する参加者

 東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質で汚染された国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の廃棄物の処理を巡り、「放射能汚染廃棄物『一斉焼却』に反対する県民連絡会」が22日、焼却処分に反対する集会を仙台市青葉区の県民会館で開いた。
 連絡会の約80人が参加。仙南クリーンセンター(角田市)の試験焼却で基準値を超える空間線量が測定されたことに関し「約束を守らず焼却が続くのは納得できない」などと批判した。
 環境省は機器の不具合が原因との見解を示しているが、「引き続き監視を続けて本焼却を中止させよう」と確認し合った。
 参加者たちは集会後、横断幕や旗を手にアーケード街をデモ行進した。


2018年04月23日月曜日


先頭に戻る