宮城のニュース

<あしなが育英会>遺児の進学支援 仙台で呼び掛け

通行人に協力を呼び掛ける学生たち

 東日本大震災や病気、事故で親を亡くした子どもたちの進学を支援する「あしなが育英会」(東京)の学生募金が22日、仙台市青葉区のJR仙台駅西口と藤崎前であった。
 あしなが育英会の奨学金を利用する学生12人と留学生ボランティア3人が、通行人に協力を呼び掛けた。インドネシアの留学生ナオミ・ハディスマルトさん(22)は、「声掛けという小さな行いで、遺児たちの大きな夢を支えられるのはうれしい」と話した。
 学生募金は28、29日にも同じ場所で実施予定。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月23日月曜日


先頭に戻る