宮城のニュース

荒れみこし川へ 豊穣祈り例大祭 松島・初原天神社

川に入り、力強くみこしを動かす担ぎ手たち

 松島町の初原天神社の例大祭が22日にあった。みこしが地域を練り歩き、家内安全と五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。
 重さ約300キロのみこしを、白装束姿の氏子青年会メンバーらが「ワッショイ」と掛け声を上げながら担いだ。
 担ぎ手たちは、みこしごと初原浄水場の裏手にある川に入り、胸まで水に漬かって勢いよく動き回った。「荒れみこし」として知られ、集まった住民たちが歓声を上げながら見守った。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年04月24日火曜日


先頭に戻る