青森のニュース

青森を楽しくサイクリング 台湾でガイド本出版

台湾で発行された青森県内のサイクリングガイド本

 青森県内のサイクリング情報をまとめたガイド本「青森自行車之旅」が台湾で出版された。台湾からの観光客を呼び込もうと、県が出版社に働き掛けて実現した。
 昨年3月に八重洲出版(東京)が発行した「ニッポンのじてんしゃ旅 青森サイクリングガイド」を、中国語(繁体字)に翻訳。今年3月に現地で発売された。
 B5変型判約150ページ。国内版と同様、奥入瀬・十和田や津軽半島、下北半島など県内八つのモデルコースを美しい写真と共に紹介した。コース近くの宿泊施設や郷土料理、観光スポット情報なども盛り込まれ、観光ガイドとしても利用できる。
 「ニッポンのじてんしゃ旅」シリーズはこれまで青森のほか、瀬戸内、茨城、滋賀の3巻が発行されている。台湾で翻訳版が販売されるのは今回が初めて。
 県観光企画課の担当者は「台湾はサイクリングが盛んなので、この本をきっかけに県内に来てもらえれば」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2018年04月23日月曜日


先頭に戻る