宮城のニュース

<尚絅学院大>学部を改組 来年度、「人文社会」「心理・教育」「健康栄養」の3学群設置

 尚絅学院大(宮城県名取市)が2019年4月から現在の総合人間科学部6学科体制を見直し、3学群・5学類制とすることが24日、分かった。文部科学省に26日、設置認可を届け出る。現在の1〜3年生は改組以降も卒業するまで現行の学部、学科の所属となる。
 新たに設置するのは「人文社会」「心理・教育」「健康栄養」の3学群。このうち人文社会学群内には人文社会学類を設ける。心理・教育学群は心理、子ども、学校教育の3学類、健康栄養学群は健康栄養学類でそれぞれ構成する。
 入学定員は計460人。内訳は人文社会学類が200人、心理学類60人、子ども学類80人、学校教育学類40人、健康栄養学類80人。現行体制より20人増える。
 それぞれの専門のカリキュラムにとどまらず、他の学群・学類の講義も横断的に履修できるのが特徴。同大の担当者は「学科という狭い枠組みではなく、幅広く自由に学んで学生の専門性を高めていきたい」と説明した。
 尚絅学院大は03年開学。学部は総合人間科学部のみとなっている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年04月25日水曜日


先頭に戻る