宮城のニュース

<宮城市町村予算>加美町 再生可能エネ利活用

 一般会計は前年度比0.9%減の133億3000万円。宮崎地区の高齢世帯向け共同住宅建設、小野田地区の子育て世帯向け宅地造成など大型事業が終わり、2年連続で減少した。
 薬莱地区に整備したボルダリング施設を生かし、町民の健康増進と観光振興を図る。町内の再生可能エネルギーの利活用に向け、地域新電力会社を設立。温泉施設「陶芸の里ゆ〜らんど」のまきボイラー導入を推進する。過疎化が進む旭地区に集落支援員を配置し、住民主体のまちづくり活動を促す。
 歳入は、町税が0.9%減の24億9117万円。地方交付税は3町合併による特例加算が段階的に減るため、3.7%減の52億円を見込む。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年04月26日木曜日


先頭に戻る